トピックス Topics

発想便 2015年12月号

2015.12,09

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  「創研発想便」2015/12/9 12月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
 ┌○┐
 │し|@ソ@
 │わ|2ヶ7) 「本年も大変お世話になりました
 │す| //   来年もどうぞよろしくお願いいたします」
 └○┘

■ C・O・N・T・E・N・T・S ■—————————————–
 1. 当たるかな?!創研社員の「今年の漢字」予想
 2. 第1回「ウェルビーイング・フェア」開催のお知らせ  高橋誠
 3. 「今月の羊」vol.7  ~ラムちゃんと幸子さん~
————————————————————■□■□■

■——————————————————————-
 1. 当たるかな?!創研社員の「今年の漢字」予想
——————————————————————–■
昨年は予想をしていませんでしたので、今年の振り替りもかねてやってみます。
ちなみに「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会によって商標登録されています。
また日本以外の漢字文化圏(中国、台湾、シンガポール、マレーシア)にも
この動きは広がりつつあるようです。面白いですね。

それでは社員案の紹介と参りましょう!

◆「戦」
安保法制による戦争への危機、戦後70年、ISISのテロ戦争等
世界そして日本が戦争を強く意識した年なので、「戦」を選びました。M

◆「危」
1月のフランス風刺紙への襲撃から先月のパリでのテロなど
アルカイダやISによるテロなどの他に、阿蘇山や桜島、箱根の噴火など、
普通の生活をしていても危険と隣り合わせにいることを感じた年でした。
12月初旬にヨーロッパを旅しましたが、今回ばかりは少し緊張していました。
危険の「危」、嫌な言葉ですがこれを今年の漢字に選びました。S

◆「恐(脅)」(テロの恐怖、脅威)
◆「爆」(爆買い、噴火、空爆)
◆「闘」(テロとの闘い、憲法攻防、ラグビーなど激闘)
◆「乱」(世の中の様々な混乱、安保法案に対するデモ等国民の反乱)
◆「守」(障)(安保、防衛、世界平和・秩序に対する障害)
の5点買いで!H

◆「難」
今年は決して明るい年ではなく、
日本国内でも難題といる事件や出来事が多く発生しましたし、
世界情勢ではシリアからの難民はいまだ解決至らないほどの大問題になっているため、
難題と難民から、「難」を選びました。N

◆「法」
18歳から選挙で投票できるようにする改正公職選挙法や、
集団的自衛権の限定的な行使を可能にする安全保障関連法が成立したりと、
大きな法改正があったからです。A

さて、当たる漢字は出てくるでしょうか。
発表日は12月15日(火)です。
しかし…来年はもっと明るい漢字を選べるような年になるといいですね!

■■—————————————————————–
 2. 第1回「ウェルビーイング・フェア」開催のお知らせ   高橋誠
—————————————————————–■■

弊社が企画に関わっております、
第1回「ウェルビーイング・フェア」が来年、
2016年3月5日・6日に開催されます。

こちらは今回で3回目かつ東京では初めての開催となる
「福祉住環境サミット」と同時に開催されるフェアで、
いきいきとしたシニア層の生活の基盤である
住環境商品・サービス、飲食関連商品、
医療・介護・スポーツなど健康・体力づくりの商品・サービス、
シニア層を元気にするカウンセリングや心のサービスなど
多様な展示を展開いたします。

従来の福祉関連の展示会は、介護などが中心の弱者救済的な
「狭義の福祉(Social-welfare)」をテ-マのものが主流でしたが、
本フェアは、シニアなどが元気にいきいきと暮らすための
「広義の福祉(Well-being)」がテーマです。

会場は約40ブース(予定)を設置し、
ミニ講演会場、商談・交流ブースも設ける予定ですので、
ぜひお越しください。

開催期間:2016年3月5日(土)・6日(日) 10:00~18:00
会場:明治学院大学(港区白金台)
主催:一般社団法人 福祉住環境アソシエーション
構成団体:NPO法人 生活・福祉環境づくり21
福祉住環境コーディネーター協会(東商の同名検定の合格者50万人の会)
NPO法人 ユニバーサルデザイン推進協会 他
事務局運営:株式会社 ヒロモリ
企画:株式会社 創造開発研究所

■■■—————————————————————
 3.「今月の羊」vol.7  ~ラムちゃんと幸子さん~
—————————————————————◆■■
未年最後の「今月の羊」ですが、
いつものことながら、個人的なお話を致します。

先日、母と共に小川町にある「龍水楼」という北京料理屋さんまで、
ラムしゃぶを食べに出掛けました。
母の友人が猛烈にオススメしているお店と聞いていたので、
小川町駅から小躍り(実際は小走り)しながら向かっていると、
ビル街の奥から「ボンッ!」と大きな破裂音がしました。
実はこの日はパリでのテロ事件が起こった数日後の出来事でしたので、
一気に背筋が凍りました。
バッとあたりを見回すと…
特に変化もなく、道行く人々もいつもと変わらない様子です。
ただお店に近づくにつれ、ガス臭くなり、ここの角を曲がればというところで、
その角の突き当りから火柱が上がっているのが目に入りました。
ボォーッ!ボォーッ!と勢いよく上がる火柱に驚き、
私と母は一目散でその場から逃げました。
しかし5分ほど歩いた所で待機しているも、サイレンの音や人が逃げる様子もありません。

先にお店についていた人に連絡を取って外を確認してもらうと、
「何もない」というので、ようやく聞こえてきたパトカーのサイレン音とともに、
お店に戻り、ペロペロっとラムを頂きました。
デザートに出てきた三不粘という皇帝料理もペロっと頂きました。

しかし、あれは何だったのだろう?と
鱈腹食べて破裂寸前のお腹がようやく落ち着いたころに考えはじめ、
調べてみました。

すると「小林幸子、イベントで警察出動騒ぎ」とトピックが上がっていました。
どうやら歌手の小林幸子さんがイベントで、
爆発音とともに炎が上がる演出に参加していたようです。

時と場所を考えて欲しいな、と少々イライラしましたが、
ラムしゃぶがとても美味しかったことを思い出し、
羊を数えることもなく、すぅーっと眠ることができました。

胃の中に納まった羊のお話で、今年の羊話はおしまいに致します。
ごちそうさまでした。
またいままでお付き合い頂き、ありがとうございました。

Topics一覧へ戻る