事業内容 Business Field

Ⅰ.ネーミング&ブランド開発の事業

ネーミングの開発、ブランド戦略、CI(コーポレート・アイデンティティ)戦略などの業務を多彩に展開しています。社名から商品・サービス名の開発は350ケース以上の実績があります。企業や商品など、ブランドの価値向上や構築・管理・運営などブランド創造の仕事も多数実施しています。そして企業のCI戦略の立案も、放送局、広告会社から旅行会社、そして学校法人などで実施してきました。

1.ネーミングの開発

これまで社名・組織名・事業部名、商品名・サービス名からシステム名、建物名、認定名称名…まで様々なジャンルのネーミング開発を多数行なってきました。「ゆうパック(郵便小包名)」「かもめ~る」「さくらめ~る」(以上、はがき名)「TOSTEM(社名)」「BIG EGG(東京ドーム愛称)」「くるりんポイ(住設機器名)」等数々のヒットネーミングの開発には、当社独自のネーミング開発システム『NAMELand®』*を使っています。

 

 

◆基礎作業

ネーミング設計ステップでは、ネーミング対象の概要、諸条件、競合、導入タイミング等を作業計画書としてまとめ、依頼主のコンセンサスを得ながら、発想の切り口(方向性)と枠組みを考えるステップです。

具体的には、課題・与件の整理、発想方向性ごとにキーワードを抽出するフレームワーク及びキーワードを目次として類似や連想語を抽出するシソーラス辞書(関連語彙集=発想補助ツール)の作成等を行います。

 

◆発想作業

ネーミング開発ステップでは、都度課題に応じて作成するオリジナルのシソーラス辞書を発想のヒントの1ツールとして、アイデアブレスト会議や組み合わせ造語作業等を行い、できるだけ多くのアイデアを創造します。発想メンバーには、課題に合わせコピーライターやプランナーの他、建築家、医師、発想力豊かなターゲット層に近い生活者など多才な外部ブレーンメンバーをアサインします。

 

◆評価作業

ネーミング絞込みステップでは、課題や方向性に沿ったクライテリアの設定とスクリーニング、整理・分類を経て、アイデアをブラッシュアップし、ネーム案の選択抽出を行います。おすすめ案10~15案のほか、その他案複数もご納品いたします。ご提案ネーミングは全て特許庁データベースによる簡易商標調査をクリアしたものとします。

海外展開ネーミングについては、ネイティブ/ネガティブチェックも行います。

 

◆商標登録作業

当社提携の弁理士により、最終絞込み・選択ネーム(1~3案程度)の正式商標調査や、出願申請・登録等に関する作業を行います。当ステップは、依頼主企業様の知財部等で実施されるケースも多くあります。

近年、商標出願後、登録まで1年程かかるケースも多々見受けられ、注意が必要です。

 

◆展開作業

ネーミングご提案後の作業として、ご要望に応じて選択ネームのイメージ調査や、ロゴマーク・デザインの開発、ブランド体系設計なども行います。

 

*ネーミング開発システム『NAMELand®』の特徴

1.当社開発によるシステマティックな開発ステップ

2.当社独自の創造技法を用いた専門的発想スキル

3.課題ごとに約100名の外部ネットワークから編成する発想スタッフ

4.システムを支える約40年以上の実績

 

<業務実績例>

       

(アトファイン/ニチバン)  (Coaska/横須賀市)

 

<関連書籍>

(髙橋誠著 最新のネーミング強化書/PHP文庫)

2.ブランドの創造

グローバル化の進展が激しい現在、ブランド戦略がますます重要性を帯びてきました。

ブランドはヒト、モノ、カネ、情報に続く第5の経営資源であり、ブランド価値の維持・向上が重要です。独自の開発手法を用いたネーミング、スローガン(タグライン)、ステートメントの開発からシンボルマーク、ロゴマーク等のデザイン開発、ブランド体系の構築、ブランド管理など商品・サービスブランド創造に多くの実績があります。

 

3.CI戦略の立案・実施

当社独自のメソッドによる企業や各種組織のCI(コーポレート・アイデンティティ)の立案から、クレドの開発やブランド教育などインターナルコミュニケーション、及び広告、PRなどエクスターナルコミュニケーションまで、CI戦略全般のお手伝いをします。

ネーミングとブランディングの専門会社として、経営ビジョン開発から経営戦略・人事戦略・販売戦略・広報戦略の立案まで、トータルなCI戦略を立案できるのが当社の強みです。