1-2.ブレインライティング Brain Writting

技法のポイント

ブレインライティング(以下BWと略称)は、西ドイツで開発された思考法です。個人の独自性を生かしつつBSの長所も生かすやり方です。BWは当初6・3・5法と呼ばれていました。

  • 6人ずつの参加者で
  • 3つずつアイデアを各自が考え
  • 5分以内で用紙に記入し隣に回す

というプロセスで進行してゆくからです。創始者はホリゲルという形態分析法の専門家で、1968年にドイツで創案しました。この技法の最大の特徴は、全員無言で集団思考を行うということです。

技法のステップ

  • 1 テーマを「ブレインライティングシート」の頭に記入。
  • 2 リーダーはタイムチェックと進行役を担当。
  • 3 メンバーは原則6名、しかし何十人でもできるのがこの技法の特徴。
  • 4 机は原則として円形か正方形に。
  • 5 配布されたシートに、各自はまずⅠの横のABC欄にアイデアを5分間に3つ書く。
  • 6 5分たったら自分のシートを左の人にわたす。各自渡されたシートのⅡの列のABC欄に、前の人のアイデアを発展させたり、独自案を考えてアイデアを書く。
  • 7 また5分たったら左の人へわたす。
  • 8 時間は全体で30分。最大で、6人×3案×6ラウンド=108アイデアとなる。
  • 9 最後は手元にきたシートの中から、各自よいと思われるアイデアを選び発表することもある。

このように、BWは全員が強制的に考えるのが最大の特徴です。

 

(作成・高橋誠) 参照・「創造力事典」(日科技連出版社)